結婚式でも浮かないワンピースとは

お友達や職場の人、親せきなどの結婚式にお呼ばれされた時、普段とは違ったおしゃれなスタイルで参列したいと思ってしまう女性も多いものです。しかし、最も優先しなければいけないことはマナーです。いくらおしゃれなスタイルであっても、マナー違反であれば逆に注目を浴びてしまうことになります。結婚披露宴には、両家の親族も多く参列しています。もしも自分が浮いたスタイルでいれば、その場にいるだけでも結婚のお相手のお知り合いの人はこんなマナー違反な人がいるのかと親族から不安に思われてしまうことにもなり、迷惑をかけることになります。結婚披露宴に参加するということは、おしゃれをするにもマナーがあるということをしっかりと理解してワンピース選びをする必要があります。

主役でもある花嫁の白は避けた方が無難

結婚式で主役ともなる花嫁は、洋装であればウェディングドレス、和装であれば白無垢になりますが、白という色は花嫁の色でもあります。あなたの色に染まるという意味のある色がない白い色は花嫁だけのものであり、そこにお呼ばれした人が取り入れる色ではありません。おめでたい席でもあるので、全身黒い色のスタイルというのは不幸を思わせることからマナー違反となりますが、逆に白もタブーとされています。ワンピースの場合には上下で同じ素材で作られていることが多く、真っ白は避けて最低でもクリーム色程度に抑える必要があります。また、ウエストラインで生地が切り替えになっているデザインでは、上半身が真っ白であれば座った時に全身白に思われてしまうので、誤解を招かないように白い色が入ったものは避けた方が無難です。

派手すぎたり肌の露出が高いものは避けよう

結婚披露宴では、全身白や全身黒といったスタイルはタブーであるとともに、プラスして肌の露出が高いスタイルもタブーとされています。夏の結婚式になれば、ノースリーブのワンピースを着たくなってしまうものですが、肩を出すことは好ましくありません。とくに、挙式にも参列するという時には注意をされることもあります。しかし、上からボレロやストールなどの羽織りものをすれば問題がないので、忘れずに持参するようにします。また、肩が出ていなくても背中や胸元が大きく開いているものも避けるようにします。スカートでは丈の短いデザインも避け、短くても膝が少し出る程度の長さで抑えておきます。スカート丈が長くても深いスリットが入ったものも下品に思われてしまうので、着るべきではありません。

商品到着後3日以内であれば、返品・交換を受け付けます。 結婚式・二次会などのドレスをお探しならRUIRUE BOUTIQUEへ。 オリジナル商品は、シルエット・カラー・品質にこだわっています。 丈感・デザイン・カラーバリエーションも豊富なラインナップです。 レディシルエットを基本に、エレガンスをコンセプトとしたデザインに仕上げています。 結婚式はワンピースで着飾って