結婚式でも着用できるワンピース選び

結婚披露宴にお呼ばれしてもらったという場合には、幸せをおすそ分けしてもらうとともに自分にもいい出会いがあればいいなと期待してしまう女性もいるのではないでしょうか。友達と差をつけておめかしをしていきたいと思っても、結婚式の服装にはマナーが必要になってくるので、これから購入するという場合には注意が必要です。さらに、結婚披露宴などのお祝いのでしか着ることができないようなデザインであれば、めったに着ないことにもなるので高額な出費になってしまいます。お呼ばれドレスは、その後にも普段使いができるものを選んでおけばもったいない思いをすることがありません。結婚式にふさわしい華やかさを持っていながらも、応用力のあるデザインを探してみるといいでしょう。

生地の色や素材感から選んでみましょう

スリムに見せたいと思うと黒い色のワンピースを選んでしまうという女性も多くいますが、普段使いであれば問題がないものの、結婚披露宴の華やかな場所で黒は不幸を連想させてしまうためにあまりふさわしいとは言えません。しかし、アクセサリーや小物で変化をつけてみれば華やかさを出すことができます。パールやシルバーなどの光物を取り入れてみると、黒い色を逆に引きたてて華やかに見せることにもつながります。ただし、クルミボタンまで黒というのは喪服ボタンとして使われているものなので、避けた方が無難です。また、白い色は花嫁の色でもあるので、招待客は避けなければなりません。真っ白でなければいいので、柄が入っていたり部分的に別色になっているもの、くすんだオフホワイトであれば問題がありません。

形やデザインから考えてみましょう

普段から肌を露出しすぎるというスタイルはあまり好ましいものではありませんが、結婚披露宴となればそれはマナー違反となるので絶対にやってはいけないこととなってしまいます。ワンピースでも、胸元や背中が大きく開いているデザインは避けるようにしますが、ストールやボレロなどを上に羽織ることによって隠すことができれば構いません。夏の結婚式用にはノースリーブのワンピースも選ばれがちですが、この場合にも肩を出すことはタブーとなっているので、隠してしまえば構いません。隠すことができないのが、スカート部分のデザインです。スカート丈は短くても膝より少し上程度の長さのものを選び、下着が透けるような素材であれば下にペチコートをはいて隠すようにします。また、スカート丈が長いとしても深くスリットが入ったものも避けるようにします。