結婚式のワンピースの選び方探し方

結婚式にお呼ばれしたら、着ていくものを考えるのも楽しい時間です。普段よりもおしゃれをしてパーティーに参加するわけなので、気合が入るものです。しかし、結婚式はあくまでも新郎新婦が主役です。その二人を祝福する一人として、その場にふさわしい装いが必要です。結婚式のゲストの服装もマナーがあります。そのマナーを守りつつ、自分でも楽しくおしゃれを楽しめるようなものをセレクトし参加することが大切です。女性のゲストの方はドレス風のワンピースを選択する方が多いです。普段着るものよりも少し豪華で華やかな装いでありながら清楚な雰囲気を出せるものが適しています。派手すぎず、地味すぎずのラインで選ぶことが必要になります。また小物使いなども考慮したコーディネートで参加することが良いです。

マナーを守って参加することが大切

主役は新郎新婦ということを念頭に置いたマナーを説明します。まず、ワンピースの色ですが白は避けます。これは新婦のウェディングドレスとかぶってしまう色だからです。また薄いピンクなども光によって白色に見えてしまうので避けることがベターです。もし着る場合にはボレロや靴、バックなどに差し色を加えてコーディネートするのも良い方法です。また、素材はその季節に合ったものを選びます。冬の時期でも素材によっては露出が多いものも大丈夫ですが、その際にはファーなどを使って季節感を出すことが良いです。そのパーティーの雰囲気を壊さず、清楚でありながら女性としての華やかさを出せるコーディネートが好まれます。また、年齢に合ったスカート丈、フリル使いなどを考慮することも必要です。ストッキングは黒などの色物は避け、肌色がマナーです。

年齢に合ったワンピースをセレクトする

まだ20代前半の若い頃は、わりと安価なものでも若さで乗り切れることもありますが、ある程度の年齢になったら、やはり年相応の上質な素材のものを着ることがマナーとなります。新婦の格を落とさないような配慮の行き届いた装いは、やはり素敵な大人の女性として良い意味で周りからの目が違います。自分の年齢、花嫁との関係、自分の体型、季節に合ったものが最適なのです。そして、アクセサリーや髪型などで更にその美しさ、清楚さ、華やかさ、女性らしさを引き立てる装いが良いのです。事前に花嫁の衣装の色を聞いておくことも良い方法です。花嫁と同じような色になることを避けられるからです。その会場にいる若い人からお年を召した方まで受け入れられるのは、清潔感と清楚感、華やかさです。そこに自分なりのワンポイントを置いてみることが上級者の着こなしになります。